超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » 知っておきたい染めテク

知っておきたい染めテク

このページでは、白髪を上手に染めるコツを紹介しています。

白髪を上手に染めるコツとは

自宅での白髪染めが、なかなか上手に行えないと嘆く方がいるかもしれません。いくつかあるコツを憶えることで、仕上がりが変わることがあります。ぜひ以下をチェックしてください。

【基本事項】
  • 室温に注意…25度ぐらいが適温。それ以上だと染まり具合が早くなり、以下だと染まりにくくなります。
  • ブロッキング…クリップやピンなどで、髪をトップ、サイド(左右)、バックの4つに分けておくと丁寧に染められます。
  • 皮膚をガード…生え際の皮膚が染まらないよう、油性クリーム(クレンジング、ハンドクリームなどでOK)を塗布。髪が触れやすい耳の裏側などに塗布するのもおすすめ。
  • 事前に髪を濡らす…薬剤により使用法は異なりますが、髪を湿らせておくと滑りや馴染みが良くなり、染まりやすくなります。

白髪の目立つところから染める

染め始めた場所と仕上げの場所ではかなりの時間差が生じることになるので、まず事前に白髪の目立つ部分を把握し、そこから染めはじめます。

また襟足や耳の周り、そして前頭部の辺りは染まりづらい場所になりますので、優先的に薬剤を塗布していきましょう。こうした時間差をつけることで、色ムラの失敗を軽減できます。

ブラシやコームを上手に活用

薬剤の中には、ブラシを使わなくてもOKなものもありますが、やはり液剤が行き届かない場所が生じやすくなります。

ブラシ/コームを使って髪をとかすように染めることで、均等な仕上がりが生まれやすくなります。このひと手間が、美しい仕上がりのコツと言えるでしょう。

リタッチも積極的に

髪は日々成長しますから、せっかく染めてもまた生え際や根元に白髪が生えてきます。そんな時はわざわざ全体を染め直したりせず、生え際にのみ薬剤を塗布するリタッチを行ってください。

全体染めは2~3ヶ月に1度、リタッチは月に1度程度を目安にするとよいでしょう。

なお、生え際部分は頭皮に近いため、色が染まりやすいという特徴があります。放置時間を長くしすぎないようしてください。

またリタッチ部分の色が目立ち過ぎないよう、洗い流す前に、クシで薬剤を全体に伸ばすひと手間を加えてください。