超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » 安全性を見極める方法

安全性を見極める方法

ここでは、白髪染めに含まれている危険な成分について解説し、安心・安全な白髪染めの選び方のポイントを紹介しています。

安全な白髪染めの選び方

安全な白髪染めの選び方画像

従来の白髪染めは、2剤式のものが主流でした。

2剤式の白髪染めは、アルカリ剤と過酸化水素によって髪のメラニン色素を脱色すると同時に、化学色素を髪の内部に浸透させます。また、強制的に髪のキューティクルをこじ開けて、色の成分を髪の内部へと浸透させていきます。

そのため、髪の毛を傷めてしまうということが多々ありました。

ヘアカラーに含まれているパラフェニレンジアミンやパラトルレンジアミンなどのジアミン系の化学成分は、アレルギー反応を起こしやすい成分といわれています。頭皮のかぶれや痛み、人によっては、咳が止まらなくなり、呼吸困難を引き起こす可能性もあるといわれています。さらに、ジアミンそのものがアレルギー反応を引き起こすだけでなく、酸化剤と混ぜたときにできる中間物質にも有害性があるといわれています。

発がん性の恐れも指摘されていて、一部の国では使用を禁止しています。

配合されている成分をしっかりチェック

そのほか、酢酸鉛、鉛アセテード、リードアセテートなどは、発疹や腎機能障害などを引き起こす恐れがあるので、これらの成分が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

もちろん、白髪染めですから、しっかり白髪を染めてくれる効果は必要です。しかし、髪や頭皮を傷め、さらには健康に害を及ぼす恐れのあるものでは、使い続けることはできませんよね。

含有している成分をチェックし、害を与えるものを含んでいないか確認しましょう。天然の色素で染めるもの、手で使用できるものであれば、その分、髪や頭皮、人体にもやさしいと考えられます。