超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » 白髪染めの種類の違い

白髪染めの種類の違い

白髪染めには、シャンプータイプ、トリートメントタイプ、ヘアカラータイプ、泡タイプ、スプレータイプなど、いろいろな種類があります。それぞれの特徴やメリット・デメリットについてまとめてみました。

毛染めの種類と特徴

  • シャンプータイプ

いつものシャンプーの代わりに使用するだけ。少しずつ色がついて白髪を目立たなくさせるので、周囲の人に気づかれにくく、仕上がりも自然です。
植物由来の色素や天然成分などを配合しているものが多く、白髪染めの中では比較的、髪や地肌への負担も軽くなります。シャンプーなので均一になじみ、染め残しなどもほとんどできません。

シャンプータイプの場合、毎日、少しずつ染めていくため、時間がかかるというデメリットがあります。また、ヘアカラータイプなどと比べて色のバリエーションが少ないので、好みの色に仕上がらないこともありあす。

  • トリートメントタイプ

毛染め効果のあるヘアカラーに、髪をケアしたり美しく保つための美髪成分や保湿成分が配合されたトリートメントタイプの白髪染め。使えば使うほど、白髪も染まり、髪にツヤやハリ、コシが出てくるので、髪が元気&きれいになっていきます

シャンプータイプのように、徐々に白髪が染まっていくのでナチュラルな仕上がりになります。シャンプータイプのものよりも毛染め効果が高く、カラーの種類も豊富です。シャンプー後につけて、10分程度放置するだけの手軽さも人気です。ヘアカラータイプなどと比べると即効性や持続性が低いという欠点があります。

  • ヘアカラータイプ

白髪染めでもっともポピュラーなのがヘアカラータイプ。以前は、2剤式のものが主流でしたが、現在は1本で染められるものも多く出ています。即効性が高いので、すぐに効果を実感できます。また、持続性も高いので、一度染めるとその効果が長く続きます。

ただし、効果が高い分、髪や地肌へ負担をかけるものも多いようです。そのため、髪が傷みやすくなることも。また、毛染め独特の匂いもあるので、苦手な人には使いづらいようです。

  • 泡タイプ

もっちりとした泡なので、垂れにくく、髪の毛にもみこむだけの手軽さが人気です。手で髪の毛にもみこんでいくので、液状のものよりも髪になじませやすく、染め残しが少なくなります。

液状のものは、1回で使い切らないといけないものがほとんどですが、泡タイプであれば、使い切れなくても取っておけるので、比較的経済的です。泡タイプのものは、成分的にはヘアカラータイプと変わらないので、即効性や持続性は高いのですが、その分、髪や地肌に負担がかかります。

  • スプレータイプ

気になるところに直接スプレーするだけで、すぐに白髪を隠すことができます。スプレーなので、生え際などの少ない部分はもちろん、髪全体もムラなく染めることができます。即効性が高く、しっかり色がつきます

ただし、水溶性のものが多く、水に弱いという欠点があります。そのため、雨や汗で色落ちしてしまうことがあります。また、染料を髪の毛に付着させて染めるため、髪の毛がバリバリになり、手触りが悪くなるということもあります。応急処置的に使用するのがおすすめです。