超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » 泡タイプの白髪染めのメリット

泡タイプの白髪染めのメリット

どのタイプの白髪染めが簡単?

白髪染めにはいろいろありますが、シャンプータイプやトリートメントタイプだと染まるまでに時間がかかってしまいます。しっかり染めたいけど、白髪染めにあまり時間を取りたくないという人は泡(ムース)タイプの白髪染めをおすすめします。泡タイプにはたくさんのメリットがあるので見ていきましょう!

泡タイプの嬉しいメリット7

泡タイプの白髪染めを使うと次のようなメリットがあります。手軽にしっかりと染めたい人は確認してみましょう。

  • 【その1】
  • 泡タイプで1剤2剤を混ぜるタイプもありますが、少しでも手間や時間を省きたいという人は、ムースのようにプッシュして出てくるタイプを選ぶと液を混ぜる手間が無くなります。

  • 【その2】
  • 泡タイプは手に取って気になる部分から髪につけていきますが。クリームタイプと違うところは、シャンプーのように揉みこむように使えば髪の奥までしっかり染めることができます。

  • 【その3】
  • 鏡を使っても見えにくく染めにくい後頭部でも泡なら全体しっかりと泡が行き届くので染めやすいです。

  • 【その4】
  • しっかりと泡が立っていれば液ダレしにくいので染めているときに周辺を汚すことはありません。

  • 【その5】
  • 種類によっては残った分を保存して、白髪が目立ってきたころに保存していたものを使用することができるのでコスパも良いです。

  • 【その6】
  • 泡は使いやすく手間も省けるので、初心者の人でも簡単で安心して使うことができます。

  • 【その7】
  • 揉みこむだけで髪全体に泡が行きわたるので、コームで液を伸ばすといった手間がなくとても楽に染めることができます。

泡タイプの白髪染めは手間が少なく失敗もしにくいので、初めて白髪を染める人でも安心して染めることができますね。また手間が少ないということは時短にもなるので、忙しい人やあまり時間を取られたくないという人でも早く、しっかりと染めることができます。

泡タイプで気をつけることとは?

メリットが多く、簡単で使いやすい泡タイプの白髪染めでも、染めるときには注意点があります。注意点を把握することで、泡タイプの白髪染めを有効的に使うことができます。

【泡で染めるときの注意点】

  • ダメージを考える
  • 泡の白髪染めは、ブリーチ効果があるので髪にダメージを与えてしまいます。そのため、髪全体に泡を付けて染めてしまうと、毛先などは特に傷みの原因になります。
    染めるときは白髪部分だけを染めるように部分的に使うことで、白髪以外の髪の毛を傷めずに染めることができます。

  • 放置時間はオーバーしない
  • 泡タイプの白髪染めでも商品によっては放置時間が違ってしまいます。しっかりと色が付くように設定された時間よりも長く放置する人もいますが、その分髪へのダメージを与えることになります。さらに設定されている時間よりも長く放置しても染まり方に差は出ないので、時間になったらすぐに流すようにしましょう。

  • アミノ酸シャンプーを使う
  • アルコール系のシャンプーを使うと染めた後の色落ちや髪の痛みの原因にもなります。綺麗に染まってもすぐに色落ちしてしまうと、またすぐに染めてを繰り返して髪に与える負担も大きくなってしまいます。アミノ酸シャンプーは低刺激で頭皮や髪に優しく、保湿性もあるので染めた後の髪のダメージを抑えることができるので、髪への負担を抑えながら効果を長持ちさせるためにはアミノ酸のシャンプーをおすすめします。

しっかり染められても紙へのダメージが大きいと白髪以外の悩みが出てきてしまいます、ダメージを抑えるために泡の白髪染めは正しく使うようにしましょう。

泡タイプとシャンプー・トリートメントタイプのダブル使い

色ムラなどを考えると泡の白髪染めで髪全体を染める人もいるかと思いますが、少し髪が伸びて白髪が顔を出してくるとまたすぐ染めることになります。毎回泡の白髪染めを使っていると髪へのダメージも大きくなります。

髪全体を染めるときや、時短のためなら泡タイプの白髪染めが良いけど、髪は毎日伸びているので白髪もすぐに顔を出してしまいます。白髪は目立つので染める頻度も多くなりますが、そうなると毎回髪へダメージがかかってしまいます。少しでも負担を減らしたいならシャンプーやトリートメントタイプも合わせて使うといいでしょう。

最初は泡タイプの白髪染めをつかって全体を染めて、伸びてきた部分はシャンプーやトリートメントタイプを使うと効率よく染められ、負担も軽減できます。

このように1種類だけを使い続けるのではなく、他の白髪染めも上手く使うと綺麗な髪を保ちながら若々しい印象を保つことができますよ。