超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » よくあるQ&A

よくあるQ&A

白髪染めの使用や副作用に関する疑問に、回答しているページです。

副作用の心配など白髪染めに関するQ&A

白髪染めを買うのがなんとなく恥ずかしいのですが、普通のヘアカラー剤との違いって?

同じ染料剤でも、白髪用と黒髪用には違いがあります。白髪用は白髪を念頭に作られた商品ですので、染まり具合や自然な仕上がりなどが計算されています。

白髪が目立ってきた、という場合は恥ずかしがらず、白髪染めを購入する方が美しい髪色を実現する近道になります。

永久染毛剤って?

髪を染める方法は、永久染毛剤・半永久染毛料・一時染毛料と3タイプあります。

半永久染毛料や一時染毛料は、髪の内部まで色素が入らずキレイに染めても、色ムラになりやすく、白髪が目立ってしまうことがあり、永久染毛剤よりも白髪染めの色持ちがしません。

永久染毛剤は、色ムラが少なく一度染めるとシャンプーをしても色落ちしにくい白髪染めです。色持ちは2〜3カ月ほど持続し、美しい髪色を保つことができます。

永久染毛剤タイプの白髪染めは、1剤と2剤で分かれています。配合量は、1剤と2剤を1:1の割合で混合し、白髪染めをすることがおすすめ。

白髪染めは、髪の明るさの度合いが高い色素を使用すると、白髪が目立ってしまう可能性があるため、暗めの色みを選びましょう。

 

白髪染めに副作用はありますか?

白髪染めを行うことで、頭皮のかぶれ、痛みやかゆみなどの炎症が起こる可能性はあります。多くの白髪染め商品に含まれるジアミンという成分が、アレルギー反応を呼ぶことがあるのです。

初めは大丈夫でも、ジアミンの体内蓄積により炎症が起きる可能性もあります。白髪染めは毎回パッチテストを行ってから使用するようにしてください。

また近年は、自然素材を使用した白髪染めも数多く販売されているので、使用する前には、よく成分をチェックすることも大切です。

白髪染めを妊娠中や生理中に使用しても大丈夫ですか?

大きな影響はないと言われていますが、使用前には必ずパッチテストを行うようにしましょう。特に妊娠中は、アレルギー反応や頭皮の炎症といった症状が通常よりも生じやすくなっている可能性があります。

白髪は時と場所を選んでくれませんが、我慢できる場合、白髪染めは避ける方が無難かもしれません。

美容院で白髪染めを行うメリット・デメリットは?

プロの美容師による施術ですから、色のチョイスから仕上がりの美しさまで、素人よりレベルが高くなるのは、ある意味当然です。そのために技術料がプラスされることになりますから、1回につき6000円程度の出費は避けられません。

自宅で行える白髪染め剤には1000~2000円台の良品も多く、中には数ヶ月使用可能なコスパの良い商品も数多くあります。節約のつもりで何度かトライしてみたら、意外に上達する可能性もあるので、まずは試してみると良いのでは?

白髪を見つけ次第抜いているのですが…。

白髪を抜くと、黒髪も減るリスクが高まります。ひとつの毛穴からは、大体2~3本の毛が生えています。1本の白髪を無理に引っ張ることで、すべてが抜けてしまうこともありえます。薄毛ダメージを進行させないために、白髪は抜くより染めることをおすすめします。

白髪染めを使うと白髪が増えるって本当?

白髪染めをすることで、白髪が増えることはありません。

過酸化水素を用いた白髪染めの場合、染料を髪の内部まで浸透させます。そのため、髪色が白く見え、白髪が増えたように感じることがあります。白髪染めはヘアカラー(おしゃれ染め)同様、使用する染料により、髪の毛にダメージを与え、白髪が目立ってしまうことがあります。しかし科学的には白髪染めをしたあと、突然白髪が増えるという報告はありません。

白髪になってしまう原因はさまざまで、加齢や遺伝・生活習慣・ストレスなどが挙げられます。

加齢により白髪が増えるのは自然なこと。白髪染めをした時期が、自然に白髪が増えていたということも。白髪染めをして白髪が増えたと感じるのは、今まで特に気にしていなかったことが気になり、白髪に対して敏感になる心理的なこともあります。

美容院で使っている白髪染めを売ってほしいです

申し訳ありませんが、美容院で使用する白髪染め(業務用)は、取り扱っておりません。

市販用と業務用の大きな違いのひとつに、コストパフォーマンスが挙げられます。 美容院で白髪染めをする場合、美容師に白髪染めをしてもらうため、ムラなく綺麗に染めることができるメリットもありますが、美容師の技術が高いほど費用が高く、美容室まで足を運ばねばならないなどのデメリットもあります。

市販用の場合は、自宅にて短時間で染めることが可能。また髪や頭皮のダメージを抑えるといったように、品質が良く比較的安価なアイテムが豊富です。

仕事や家事・子育てなどの理由でなかなか美容室へ通えない、コストを抑えたい場合には、特に市販用の白髪染めをおすすめいたします。

白髪染めはどれくらいの頻度で使っていいんですか?

白髪染めを使用する頻度は、2〜3カ月に1度が理想です。

個人差がありますが、髪の毛は1カ月に約1センチ伸びるといわれており、1ヶ月も経てば生え際の白髪が気になり始めます。

気になるとすぐに白髪染めを使用したくなりますが、頻繁に白髪染めをすると、髪と頭皮にダメージを与え、髪のパサつき・抜け毛・薄毛などトラブルの原因となってしまうことも。

とはいえ、生え際の白髪を放置するとストレスとなってしまうものです。どうしても白髪染めをしたい場合は、白髪が目立ってきた部分を染める「部分染め」がおすすめ。

髪の毛全体を染めるよりも、髪や頭皮にかかる負担を軽減することができます。部分染めをする頻度も1カ月に1度程度にとどめるのが理想です。

根本部分だけ白髪染めしたいんですが、お勧めのアイテムは?

根元部分のみを染めたい場合、染料の安全性・かぶれ対策・ツヤ髪成分の3点を確認してから購入を検討しましょう。
以上の3点を全てクリアしているアイテムをご紹介いたします。

  • ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
  • ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントは、海藻の中でも美髪効果が高いとされるガゴメ昆布が豊富に含まれています。部分染めをしたあとの気になるパサつきやゴワつきを抑え、潤いのある美しい髪色へ仕上げることができます。

  • 利尻ヘアカラートリートメント
  • 利尻ヘアカラートリートメントは、無添加でノンシリコンなうえ、髪や頭皮に負担をかけにくい白髪染めです。天然利尻昆布に含まれるミネラルやアルギン酸、フコイダンなどの髪に潤いを与える成分で、白髪染めをしながら美髪ケアも可能。
    髪色全体にも馴染みやすく、簡単に部分染めができ、自然な髪色へ仕上がります。