超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » 色を長持ちさせる方法

色を長持ちさせる方法

白髪染めの色持ちをよくする画像

手軽な白髪染めもたくさんありますが、頻繁に髪を染めるのはやはり面倒。それに、髪を染める回数が多くなれば、その分、白髪染めを使うことになり、コストも髪へのダメージも気になります。だから、できるだけ髪を染める期間を開けたいものですよね。

それには、色持ちの良い白髪染めを選び、かつ色持ちをよくする工夫をする必要があります。白髪染めの色持ちをよくするのには、いくつかのコツがあります。

白髪染めの色持ちをよくするためには?

  • 量はたっぷり使う

もったいないからと、少ない量では染めムラができてしまったり、根元までしっかりそまらないことも。とくに、もみあげや襟足、毛の長い人の毛先などは染まりにくいので、多めに塗るようにしましょう。

  • 放置時間をしっかり守る

髪質によって、染まりやすさが変わります。一般的に髪質が、明るい・細い・柔らかい・パーマがかかりやすい場合は染まりやすく、反対に、黒い・太い・硬い・パーマがかかりにくい場合は染まりにくくなります。染まりやすい場合は表示時間通りに、染まりにくい場合は表示時間よりも少し長めに放置するといいでしょう。

  • 温度を上げる

温度が高いほうが染まりやすいので、室内の温度を高くしたり、サランラップをまいたりシャワーキャップをかぶって頭皮の温度を上げると高い毛染め効果が得られます。

  • 白髪染め用のシャンプーやトリートメントを使う

白髪染め用のシャンプーやトリートメントを使うことで、白髪を目立たなくしたり、毛染めの間隔をあけることができます。ノンシリコンシャンプーや低刺激のシャンプーも、頭皮に負担をかけず、色持ちをよくしてくれるのでおすすめです。

  • 紫外線を防ぐ

髪が傷むと色落ちしやすくなるため、帽子や日傘などで紫外線を防ぐようにしましょう。