超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » 頭皮と髪の負担を減らしたい!~白髪染めの頻度~

頭皮と髪の負担を減らしたい!~白髪染めの頻度~

白髪染めの頻度はどのくらい?

白髪染めは、どのくらいの頻度で行なうのが正解なのか分からないという人も多いです。

一般的に「全体染めは2か月に1度、部分染めは3週間に1回程度」と言われています。しかし、使う白髪染め製品によっても、「染まりにくくて、色が落ちやすい」、「よく染まるけど、頭皮や髪が傷んでしまう」など様々な特徴があります。

ヘアマニキュアであれば地肌に負担が掛からないので、月に2~3度の使用が可能です。

白髪染めを頻繁に行なうと髪や地肌にダメージを与えてしまうので、気になる人は毎日使うトリートメントタイプやシャンプータイプを使うと良いでしょう。洗い流さないクリームタイプもあるので、上手に使いながら地肌の健康と髪のツヤを保ちましょう。

ちなみに美容系の情報サイトでは、「一般的な白髪染めであれば、月に1度の使用にとどめている」という人が圧倒的に多いです。

また、特別なときは染め残しを防ぐために、美容室を利用しているという人も多いです。

  頻度 〇 メリット
× デメリット
白髪染め専用ヘアカラー 全体:2か月に1回
部分:3週間に1回
〇 発色が良い
〇 色数が豊富
〇 洗髪をしても色が残る
× 髪や頭皮にダメージがある
× アレルギーなどのリスク
× 髪が伸びると根元の色に差が出る
× 色味が2か月ほどで変化する
ヘアマニキュア 1か月に2~3回 〇 髪や頭皮にダメージがない
〇 肌が弱い人でも使える
× 毎日の洗髪で色が落ちる
× 持続は1か月程度
× ヘアカラーほど発色が良くない
× 髪が濡れていると枕などに色が付く
シャンプーリンスタイプ 毎日 〇 髪や頭皮にダメージがない
〇 洗髪しながら染められる
〇 金銭的負担が少ない
〇 使用する度に自然に染まる
× 全部染まるまでに時間がかかる
× 継続的に使う必要がある
ヘアマスカラ その都度 〇 髪や頭皮にダメージがない
〇 肌が弱い人でも使える
〇 部分的に染められる
× 1度の洗髪で完全に取れる
スティックスプレータイプ その都度 〇 髪や頭皮にダメージがない
〇 肌が弱い人でも使える
〇 部分的に染められる
〇 使用の度に少しずつ染まる
× 1度の洗髪で完全に取れる

根本や生え際の白髪、どうしたらいいの?

しっかりと染めても、しばらくすると「生え際の部分が白い」ということありますよね。伸びてきた白髪に対する対応法について見ていきましょう。

生え際の白髪に3つの対処法

1.ヘアマニキュアでカバー

ヘアマニキュアは、髪の内側に薬剤を浸透させて色を付けるヘアカラーとは異なり、髪の表面に染料をイオン結合させるものです。そのため、毛染めに掛かる時間が短く、地肌を傷めることも心配もありません。

美容室でヘアマニキュアを行なった場合の相場はおよそ3,000円で、毛染めも1時間以内で終わります。色ムラや塗り残しを防ぎ、しっかりと染めてもらえるので、まだ利用したことのない人は是非利用してみると良いです。

2.スティックタイプの白髪隠しをサッと塗る

ドラッグストアやスーパーで購入できるスティックタイプやスプレータイプの白髪隠しを使えば、生え際の白髪をサッとカバーできます。「生え際だけのためにヘアカラー剤を使いたくない」という人におすすめです。

洗い流し不要で携帯しやすいサイズになっているので、旅行の際も持って行くと良いです。

3.美容室で使用した薬を分けてもらう

「白髪染めに掛かる費用を少しでも抑えたい」、「生え際の白髪染め特有の色ムラを防ぎたい」という人は、美容室で染めたときに余った薬剤を分けてもらうと良いです。同じ色、同じ薬剤を使うことで、色ムラを防げます。

全体染めとリタッチ(部分染め)のメリットとデメリット

全体染めとリタッチ(部分染め)には、それぞれメリットとデメリットがあります。 どちらが、現在の自分にあっているのか、最適な白髪染めの方法を確認してみましょう。

全体染めをする場合

メリット

・ムラなく、キレイに染めることができる

リタッチ(部分染め)では、髪質などの状態により、生え際と以前染めた部分との色味が変わってしまうことがあります。キレイにムラなく染めたい・白髪が多めの人には、全体染めがおすすめです。

・髪色全体を変え、イメージチェンジができる

ヘアカラーを変えてオシャレを楽しみたいなら、全体染めがよいでしょう。全体染めは、髪色全体のヘアカラーをチェンジするため、見た目にも自然な仕上がりになります。

デメリット

・頭皮や髪のダメージの原因に

白髪染めはおしゃれ染めよりも、染める力が強いため頻繁に全体染めをおこなうと、頭皮や髪のダメージの原因となることがあります。何度も白髪染めを繰りかえすことで抜け毛や切れ毛など、頭皮や髪のトラブルになることも。

・リタッチ(部分染め)よりも、染める時間がかかる

全体染めは、リタッチ(部分染め)よりも広範囲となるため、染める時間がかかります。髪の毛は1か月に平均1センチ前後伸びるため、全体染めをしても1〜2か月ほどで白髪が目立ち始め、すぐに染め直すことになり時間と手間がかかることがあります。

リタッチ(部分染め)をする場合

メリット

・生え際や根元のみを染めるため、頭皮や髪のダメージが少ない

白髪染めを何度も繰り返すと、髪のツヤやうるおいに必要なキューティクルが剥がれ落ち、髪のパサつきの原因となってしまいます。リタッチ(部分染め)は髪全体のキューティクルを傷めにくくするため、ダメージが抑えられるというメリットがあります。

・全体染めよりも、短時間で染めることができる

リタッチ(部分染め)は、髪の毛全体を染めるわけではないため、気になる生え際や根元のみを短時間で染めることができます。

デメリット

・同じメーカーの商品でも、染め直した部分の色味が変わることがある

以前染めた髪は、紫外線などのダメージで退色しており、同じメーカーのカラーを使用しても生え際や根元だけ濃くなり、見た目に違和感が出てしまうことがあります。

・ヘアカラーを変えられない

リタッチ(部分染め)は、以前染めた同じ色を使用しないと、髪表面の色味に境目が出てしまいます。できるだけ、同じヘアカラーを使用するようにしましょう。色全体を変えてオシャレを楽しみたい場合は、リタッチ(部分染め)は不向きです。その場合は、全体染めを使用するようにしましょう。

白髪を染めるなら美容室?自宅?それぞれのメリット・デメリット

白髪染めは、美容室と自宅のどちらで行なった方が良いのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

自宅で白髪を染める場合

  • メリット

    ・市販の染色剤を購入するので、気が向いたときに手軽に行なえる

    ・美容室よりお金を節約できる

    ・お店選びの手間が掛からない

  • デメリット

    ・ムラができる可能性がある

    ・薬剤を混ぜたり、汚れたりしないようにするなど準備が必要

美容室で白髪を染める場合

  • メリット

    ・自分では見えにくいところもキレイに仕上げてくれる

    ・個人の髪質を見て、適切な染色剤を選んでくれる

    ・リタッチもキレイに仕上がる

    ・地肌や髪にトラブルがある場合、白髪染めのタイミングや時間を見てくれる

    ・美容室専用の効果の高い白髪染め製品を使うため、納得のいく仕上がりになる

  • デメリット

    ・費用が高い

    ・美容室に行く時間を確保する必要がある

白髪染めをよく使う!そんな人はここに注意

よく白髪染めを使う人に注意して欲しい点を紹介します。

白髪染めの注意点

1.頭皮ケア

白髪を頻繁に染めていると、頭皮が乾燥して老化しやすくなります。髪がパサパサになるだけでなく、細く抜けやすくなってしまいますし、吹き出物もできやすくなります。

こうしたトラブルを防ぐために、頭皮用の化粧水や育毛剤などを使ってケアすることが大事です。頭皮の血行を促進するビタミンEやコラーゲンの産生を促すビタミンC、フケやかゆみを抑える抗炎症成分や地肌を守る殺菌成分配合のアイテムを使うと良いでしょう。

また、健康グッズが置いてあるコーナーで見かける地肌のマッサージ器は海外の人に人気です。地肌を整えることで、白髪染めで起こり得る地肌のトラブルも抑えられるので、興味のある人は是非チャレンジしてみてください。

髪に良いとされる椿オイルに柑橘エキスを配合している製品も人気です。髪に馴染ませながらマッサージを行なえば、地肌と髪の両方をケアできます。

2.シャンプーやトリートメント

洗浄力の強いシャンプーは頭皮の乾燥や薄毛を招いてしまいます。白髪を染めた後の地肌は薬剤によるダメージを少なからず受けているので、アミノ酸系シャンプーや植物性の洗浄剤を使いましょう。アレルギーテスト済みの低刺激性アイテムを選ぶと安心です。

また、最近はヘッドスパを行なっているお店も登場してきているので、地肌のかゆみや吹き出物、フケなどが気になるという人は地肌環境の改善を行なってみても良いかも知れません。

エッセンシャルオイルを用いるヘッドスパでは地肌の血行が良くなるだけでなく、ストレスも解消してくれるので白髪の原因の1つとされているストレス対策もできます。

3. アレルギーに注意

気軽に使っているヘアカラー剤ですが、実は頭皮に対するアレルギーの報告は実に多く、平成27年には消費者庁からの注意勧告も発せられているほどです。

毛染めは、髪の色を明るくしたり、白髪を黒く染めたりする等、年代や性別を問わず一般に広く行われていますが、その一方で、消費者庁の事故情報データバンクには、毛染めによる皮膚障害の事例が毎年度200件程度登録されています。

出典:消費者庁『毛染めによるアレルギーに御注意!』

消費者庁が確認しているだけで毎年200件程度というのですから、おそらく報告されていない事例もたくさんあると思われます。

ヘアカラー剤の中でも、最もアレルギーを引き起こしやすいのは「酸化染毛剤」と呼ばれるタイプのもので、アレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすいそうです。

そして、この酸化染毛剤は、ヘラカラー剤の中でも最も高い頻度で使用されている種類です。

知らない内に酸化染毛剤を使用されたという可能性はとても高く、何回も使うことで徐々にアレルギーの症状が重くなってくることもあるとされています。

最初は頭皮に違和感を感じる程度の症状でも、徐々に顔や首まで症状が広がり、日常生活が困難になるほどひどくなることもあるのです[1]。

4. ストレスを溜めない

「ストレスを溜めると白髪になる」とよく言われますが、実際に大きなストレスがかかったことで、多くの白髪が発生することもあり得るので、精神的な影響は大きいと言えるでしょう。

若い年齢でもストレスを感じると白髪が多くなるようで、学校のストレスによってかなりの量の白髪が出てきた高校生についても報告されています[2]。

この高校生は2年生の女子で、入学以来トップクラスの成績を誇っていた子です。ご両親も有名大学の医学部受験を目指して勉強をさせていたそうですが、生徒会の執行部に選ばれたことで、急激に白髪が発生するようになりました。

生徒会執行部では難しい問題が起きていて、さらに生徒会の仕事との両立で成績も低下し、平均以下の成績にまでなってしまったそうです。

そして、その頃からかなりの部分に白髪が認められるようになり、皮膚科を受診しても原因はわからないままでした。

ところが、その成績の低下を見たご両親が、医学部の受験から就職へと考えを変えたころから、白髪が全くなくなったというのです。

白髪の原因についてはまだ明らかにされていませんが、ストレスが原因でメラニン色素が作られなくなることがあるとされています。

5. 妊娠中や授乳中の女性は注意

妊娠中や授乳中はヘアカラー剤の赤ちゃんへの影響が気になりますが、結論から言えば、酸化染毛剤などを使用した白髪染めは、するべきではありません。

その理由は、ヘアカラー剤の中の成分は、頭皮を通して体内に吸収され、血液の中に入り込むからです。血液の中に入り込むということは、当然、へその緒や母乳を通じて赤ちゃんの体内にも入り込みます。

3番目の項目でご紹介した酸化染毛剤によるアレルギーも、頭皮から成分が吸収されて体内に入り込むことで引き起こされます。年間200件という報告の多さを見ると、その成分がどれだけ刺激の強いものなのか伺えるでしょう。

中には、酸化染毛剤によって肝機能障害を発症したケースもあると報告されています。肝機能障害を発症したのは34歳の男性であり、成長しきった大人の体にも影響があるくらいなので、赤ちゃんへの影響は計り知れません[3]。

また、妊娠中は特に皮膚が敏感になっている時期でもあり、アレルギーが引き起こされやすいため、ヘアカラーの使用上の注意には、「妊娠中などは使用しないこと」と明記されています[4]。

年齢からみる白髪染め

白髪は遺伝や体調などでなりやすい人もいれば、なりにくい人もいます。

「若白髪」という言葉があるように、白髪になりやすい人であれば10~20代で白髪が出てくることもあります。しかし、ほとんどの人は40代以降に白髪が出てくるようです。

年齢ごとの白髪の対処法と白髪染めの頻度についても見てみましょう。

年齢別白髪染め頻度と対処法

年代 頻度 対処法
20~30代 1か月に1回 ・染髪やブリーチをむやみに行わない
・天然由来成分のものを永く使う
・トリートメント、シャンプータイプを使用
・髪を短くして白髪を目立たなくする
・抗酸化成分サプリや休息でストレスを解消
40代 2か月に1回 ・頭皮や髪の負担を考えて回数を少なくする
・部分染め、リタッチなども有効
・ストレスや疲れを溜めないように注意する
50代以降 1か月に1回もしくは2~3か月に1回 ・体質やライフスタイルに合わせて方法を選ぶ
・抜け毛や細毛などの悩みも含めて頻度を決める
・美容室で頭皮や紙の状態をチェックしてもらう
・髪と地肌に優しい白髪染めを使うことが基本

20~30代

20~30代の方はまだ髪が美しく、文献によっても「年齢が上がるにつれて髪に艶がなくなってくる」と報告されています。

これは、髪1本1本にうねりが出てくるためですが、20~30代の方では、まだうねりが出ておらず、光を綺麗に反射します[5]。

そのため、美しい髪を維持するためには、シャンプーやトリートメントなどで髪に負担をかけない白髪染めがベストです。

シャンプーやトリートメントなら毎日使っても美しい髪をキープ出来るので、将来的にその美しさを維持するためにも、負担の少ない白髪染めをしていきましょう。

40代

40代になると、20~30代に比べて白髪の量が増加してきます。そのため、20~30代のときと比べて、白髪染めの頻度を高くしたという方も多いでしょう。

ですが、この年代では髪にうねりが現れてきて、少しずつ艶のない状態になっていきます。そのため、なるべく白髪染めの頻度は少なくしていきたいものです。

毎回全体を染めるのではなく、根元だけのカラーリング頻度を上げる、部分染めをするなどして対処していきましょう[5]。

50代以降

消費者庁の統計によると、50歳代の方が最も高い頻度でヘアカラーを行っていると報告されており、その頻度は「1か月に1回」が最も多く、50%以上を占めているそうです[6]。

ヘアカラーを「発がん性」という点から考えると、1か月に1回程度の使用でも問題はありません。白髪の量も増えてくる年代なので、染める頻度が高くなることは、ある程度仕方のないことです。

ですが、高い頻度で染めるのであれば、毎日使ってもダメージのない「シャンプー・トリートメントタイプ」のものがおすすめ。特に、抜け毛や細毛などの悩みも抱えている方には最適な白髪染めです。

年代別におすすめの白髪染めをご紹介しましたが、基本的に、どの年代であっても髪と頭皮に優しい白髪染めを使うことが一番です。体への影響が少なく、アレルギーなどの不安がない白髪染めを選びましょう。

[1]

参考:消費者庁『毛染めによるアレルギーに御注意!』

[2]

参考:一般社団法人 日本心身医学会『(PDF)2.学校ストレスによって起こった白髪の1例』

[3]

参考:日本皮膚科学会『(PDF)Hair dye過敏症にみられた汎発性皮疹』

[4]

参考:厚生労働省『(PDF)「毛染めによる皮膚障害」に係る消費者庁消費者安全調査委員会から厚生労働大臣に対する意見への対応について』

[5]

参考:花王株式会社『(PDF)美しく見える髪の構造』

[6]

参考:消費者庁『(PDF)消費者安全法第23条第1項の規定に基づく事故等原因調査報告書【概要】毛染めによる皮膚障害』