超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » 頭皮と髪の負担を減らしたい!~白髪染めの頻度~

頭皮と髪の負担を減らしたい!~白髪染めの頻度~

白髪染めの頻度はどのくらい?

白髪染めは、どのくらいの頻度で行なうのが正解なのか分からないという人も多いです。

一般的に「全体染めは2か月に1度、部分染めは3週間に1回程度」と言われています。しかし、使う白髪染め製品によっても、「染まりにくくて、色が落ちやすい」、「よく染まるけど、頭皮や髪が傷んでしまう」など様々な特徴があります。

ヘアマニキュアであれば地肌に負担が掛からないので、月に2~3度の使用が可能です。

白髪染めを頻繁に行なうと髪や地肌にダメージを与えてしまうので、気になる人は毎日使うトリートメントタイプやシャンプータイプを使うと良いでしょう。洗い流さないクリームタイプもあるので、上手に使いながら地肌の健康と髪のツヤを保ちましょう。

ちなみに美容系の情報サイトでは、「一般的な白髪染めであれば、月に1度の使用にとどめている」という人が圧倒的に多いです。

また、特別なときは染め残しを防ぐために、美容室を利用しているという人も多いです。

根本や生え際の白髪、どうしたらいいの?

しっかりと染めても、しばらくすると「生え際の部分が白い」ということありますよね。伸びてきた白髪に対する対応法について見ていきましょう。

生え際の白髪に3つの対処法

1.ヘアマニキュアでカバー

ヘアマニキュアは、髪の内側に薬剤を浸透させて色を付けるヘアカラーとは異なり、髪の表面に染料をイオン結合させるものです。そのため、毛染めに掛かる時間が短く、地肌を傷めることも心配もありません。

美容室でヘアマニキュアを行なった場合の相場はおよそ3,000円で、毛染めも1時間以内で終わります。色ムラや塗り残しを防ぎ、しっかりと染めてもらえるので、まだ利用したことのない人は是非利用してみると良いです。

2.スティックタイプの白髪隠しをサッと塗る

ドラッグストアやスーパーで購入できるスティックタイプやスプレータイプの白髪隠しを使えば、生え際の白髪をサッとカバーできます。「生え際だけのためにヘアカラー剤を使いたくない」という人におすすめです。

洗い流し不要で携帯しやすいサイズになっているので、旅行の際も持って行くと良いです。

3.美容室で使用した薬を分けてもらう

「白髪染めに掛かる費用を少しでも抑えたい」、「生え際の白髪染め特有の色ムラを防ぎたい」という人は、美容室で染めたときに余った薬剤を分けてもらうと良いです。同じ色、同じ薬剤を使うことで、色ムラを防げます。

白髪を染めるなら美容室?自宅?それぞれのメリット・デメリット

白髪染めは、美容室と自宅のどちらで行なった方が良いのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

自宅で白髪を染める場合

  • メリット

    ・市販の染色剤を購入するので、気が向いたときに手軽に行なえる

    ・美容室よりお金を節約できる

    ・お店選びの手間が掛からない

  • デメリット

    ・ムラができる可能性がある

    ・薬剤を混ぜたり、汚れたりしないようにするなど準備が必要

美容室で白髪を染める場合

  • メリット

    ・自分では見えにくいところもキレイに仕上げてくれる

    ・個人の髪質を見て、適切な染色剤を選んでくれる

    ・リタッチもキレイに仕上がる

    ・地肌や髪にトラブルがある場合、白髪染めのタイミングや時間を見てくれる

    ・美容室専用の効果の高い白髪染め製品を使うため、納得のいく仕上がりになる

  • デメリット

    ・費用が高い

    ・美容室に行く時間を確保する必要がある

白髪染めをよく使う!そんな人はここに注意

よく白髪染めを使う人に注意して欲しい点を紹介します。

白髪染めの注意点

1.頭皮ケア

白髪を頻繁に染めていると、頭皮が乾燥して老化しやすくなります。髪がパサパサになるだけでなく、細く抜けやすくなってしまいますし、吹き出物もできやすくなります。

こうしたトラブルを防ぐために、頭皮用の化粧水や育毛剤などを使ってケアすることが大事です。頭皮の血行を促進するビタミンEやコラーゲンの産生を促すビタミンC、フケやかゆみを抑える抗炎症成分や地肌を守る殺菌成分配合のアイテムを使うと良いでしょう。

また、健康グッズが置いてあるコーナーで見かける地肌のマッサージ器は海外の人に人気です。地肌を整えることで、白髪染めで起こり得る地肌のトラブルも抑えられるので、興味のある人は是非チャレンジしてみてください。

髪に良いとされる椿オイルに柑橘エキスを配合している製品も人気です。髪に馴染ませながらマッサージを行なえば、地肌と髪の両方をケアできます。

2.シャンプーやトリートメント

洗浄力の強いシャンプーは頭皮の乾燥や薄毛を招いてしまいます。白髪を染めた後の地肌は薬剤によるダメージを少なからず受けているので、アミノ酸系シャンプーや植物性の洗浄剤を使いましょう。アレルギーテスト済みの低刺激性アイテムを選ぶと安心です。

また、最近はヘッドスパを行なっているお店も登場してきているので、地肌のかゆみや吹き出物、フケなどが気になるという人は地肌環境の改善を行なってみても良いかも知れません。

エッセンシャルオイルを用いるヘッドスパでは地肌の血行が良くなるだけでなく、ストレスも解消してくれるので白髪の原因の1つとされているストレス対策もできます。

年齢からみる白髪染め

白髪は遺伝や体調などでなりやすい人もいれば、なりにくい人もいます。

「若白髪」という言葉があるように、白髪になりやすい人であれば10~20代で白髪が出てくることもあります。しかし、ほとんどの人は40代以降に白髪が出てくるようです。

年齢ごとの白髪の対処法と白髪染めの頻度についても見てみましょう。

年齢別白髪染め頻度と対処法

20~30代

  • むやみに染色やブリーチを行なうと頭皮や髪にダメージを与えてしまうため、ヘアカラー剤を使う頻度は基本的に月1回に抑える
  • 髪と頭皮のダメージを減らすために、できるだけ髪と頭皮に優しい白髪染め(天然由来のもの)を永く使う
  • ヘアカラータイプではなく、白髪染めトリートメントタイプやシャンプータイプを使う
  • 男性であれば短いヘアスタイル、女性であればボブカットなどの白髪を目立たなくさせるヘアスタイルに変える
  • ストレスが原因であれば、抗酸化成分を配合したサプリメントを活用したり、休息を十分取ったりすることが白髪対策に効果的

40代

  • 年齢的に頭皮や髪の新陳代謝がゆるやかになってきている頃なので、頭皮と髪に負担を与えないためにおよそ2ヵ月に1回の白髪染めが基本
  • 部分染めやリタッチも考えることが大切
  • 男性であれば責任ある仕事を任される頃で、女性であれば更年期症状が出はじめる頃なのでストレスと疲れを溜め込まないように気を付ける

50代以降

  • 1ヵ月に1回、もしくは2~3ヵ月に1回が基本
  • 同じ年齢でも肉体的な若さに大きな差が出てくる頃なので、体質やライフスタイルに合った白髪染め方法を実践することが大切
  • 白髪以外に抜け毛や細毛が気になる人は自分に合った頻度を見つけていく必要があるため、美容室などで頭皮と髪の状態を見てもらうと良い
  • 他の年代同様、髪と地肌に優しい白髪染めを使うことが必須