超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » もっと知りたい白髪染めトリビア » 色選びのコツ

色選びのコツ

このページでは、白髪染めの自分に合う色選びを指南しています。

自分に合う白髪染めの色選び

白髪染めを行う際は、自分に合う色の仕上がりを目指したいもの。成功すると第一印象が向上し、くすみやクマなどの肌トラブルが目立たなくなるというメリットもありますよ。仕上がりの色を選ぶ際には、以下の点に留意してください。

  • 肌/目の色…肌や目の色と髪の色が比例していると、仕上がりが自然。明るい人は髪も明るく、暗い人は髪も落ち着いた色に仕上げましょう。
  • 顔立ち…丸顔など柔和な雰囲気の顔立ちの人は、多少明るめの髪の色が似合います。反対にシャープな顔立ちの人には、暗めの色が収まりよいでしょう。

「丸顔なんだけど、肌の色は暗い」という方は、明るすぎず、暗すぎない無難な中間色に仕上げることを意識してください。

髪の現状にも注意を

現在の髪の状態が、白髪染めの仕上がりに大きな影響を与えるということも、知っておく必要があります。以下の2点には注意してください。

髪質

人の髪にはそれぞれ個性があります。自分はどちらにあてはまるか、チェックしてください。

  • 細くて柔らかい…パーマなどがかかりやすいのが、このタイプ。白髪染めの染料も素直に浸透しやすくなっており、商品見本に近い仕上がりが期待できます。
  • 太くて硬い…パーマなどがかかりにくく、元の色も黒味が強いのが、このタイプ。白髪染めの染料も浸透しにくいのですが、仕上がりは商品見本よりも濃くなるのが特徴なので、希望からさらに一段明るめの色を選ぶとよいでしょう。

白髪の度合い

現状の白髪の度合いによって、仕上がりにも差が出てきます。

  • 部分白髪…全体が黒っぽく仕上がりがち。希望より明るめの色を選びます。
  • 白髪が半分程度…見本より若干暗めに仕上がりますが、希望の色を選んで差し支えありません。
  • ほぼ白髪…色が浸透しやすくなります。髪質を考慮しながら、希望の色を選んで差し支えありません。

上記を見ていると「髪質が太くて硬く、部分白髪」の人は、色選びにやや苦労するかもしれません。明るめの色を選ぶことを心がけ、何度か白髪染めを繰り返しながら、理想の白髪染めを実現してくださいね!