超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » 口コミで評判の白髪染めを集めました » 1ステップならコレ!

1ステップならコレ!

男性が白髪になる原因

男性が白髪になる3大原因を紹介します!

  1. メラニン不足によるもの
  2. 成長ホルモン不足
  3. 過酸化水素の蓄積

過酸化酸素は体内で作られる「活性酸素」の1つ!つまり体内にある毒素なのです。

上記が男性の白髪の3大原因になりますが、これらは加齢や遺伝、ストレス、病気、ホルモンバランスの乱れ、栄養不足などが関連して起こっています。
よって生活習慣を見直すことで白髪を予防することができます。
しかし、白髪が出始めてから生活を見直しても、効果が得られる頃までに白髪は増えていくかもしれません。出てしまった白髪はメンズ用の白髪染めで染めると良いですよ。

白髪染めを選ぶポイント

メンズ用の白髪染めを選ぶときは、次のポイントを抑えて選ぶようにすると良いですよ。

髪にダメージを与えない種類!

白髪染めは1回染めて2度と生えてこないということはありません!生えてきたらまた染め直す人もいるでしょう。これを繰り返しているうちに髪は徐々にダメージを受けて傷んでしまいます。髪に負担をかけないためにも「無添加の白髪染め」を選ぶと良いでしょう。

色は暗いタイプを選ぶ!

白髪染めの種類で若者が染めるようなオシャレカラーはほとんどなく、暗めの色が多いです。しかし黒だけではなく、茶色もいくつか種類があり明るさを選ぶことができます。社会人として働いている人の場合、黒に染める人が多いはずですが、中には黒だと真っ黒過ぎて不自然な仕上がりに感じてしまう人もいます。そのような人は暗めのブラウンなどを選ぶと明るすぎず自然な仕上がりになります。

アレルギー成分の有無を確認する!

アレルギーを思っている人は成分の確認をきちんと行いましょう。「パラフェニレンジアミン」や「パラトルエンジアミン」などが含まれているとアレルギー反応を招く可能性があるので、ジアミン系の成分が含まれている白髪染めは避けた方が良いでしょう。

優先することは肌や髪にダメージを与えない事ですね。色の染まり方は白髪染めの種類によって違ってきますが、不自然な仕上がりになってしまうとカツラのように見えることもあるので注意しましょう。このようなポイントをおさえて自分に合った白髪染めを選びましょう。

男性におすすめ!市販の白髪染めTOP3

ここでは、市販の白髪染めで男性におすすめの商品を紹介していきます。

★1.利尻ケアカラートリートメント★

  • 【価格】 通常価格 3,240円(税込)*公式サイトより初回限定価格 2,160円(税込)
  • 【容量】 1本200g *1本あたり20回ほど使用できます。
  • 【染め時間】 5分~10分
  • 【色持ち】 2~3週間
  • 【特徴】

    無添加の利尻ヘアカラートリートメントは、北海道産の天然利尻昆布を使用していて、髪に優しく頭皮にもダメージを与えずに白髪染めすることができます。使用方法は、シャンプーをした後に塗って時間を置いて流すだけなので、染めるというよりトリートメント感覚で簡単です。白髪用ヘアカラートリートメントの中で評価が高く、肌の弱い人でも安心して使え、自然で綺麗な仕上がりになります。

★2. LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント★

  • 【価格】 通常価格 3,240円(税込)*公式サイトより初回限定価格 1,980円(税込)
  • 【容量】 200g *1本あたり15回ほど使用できます。
  • 【染め時間】 20分~30分 
  • 【色持ち】 5~10日
  • 【特徴】

    こちらも無添加のヘアカラートリートメントで、北海道産のガゴメ昆布を使用しているため、白髪を染めながらツヤのある髪に仕上げます。

★3. サンカラーマックス★

  • 【価格】 5,400円(税込)

*公式サイトより初回限定価格 ハーフサイズ(40g)×2本 3,240円(税込)

  • 【容量】 1本75g
  • 【染め時間】 15分~30分
  • 【色持ち】 約3週間
  • 【特徴】

    洗い流さないタイプの白髪染めで、朝くしでサッとつけて光に当たることで白髪を染める新しいタイプの白髪染めです。さらに、合成着色料やジアミン系成分も使用していないので敏感肌の人でも安心できます。また、洗い流さないので衣類へ付着したときに汚れないか心配になりますが、一時染料を使っていないので汚れることはありません。朝のヘアセット感覚で使える安心で簡単な白髪染めになっています。

ヘアトリートメントタイプや洗い流さないタイプなら染めるときの手間が省けて楽に白髪を染めることができます。染める部分の範囲が狭くても量を調整できるので無駄なく使うことも出来ますね。

白髪を上手く染めるコツ

白髪染めを自分でやったけど失敗した!という経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?
良くある失敗は「白髪が染まらなかった」「ムラができてしまった」などです。このような失敗は同じ白髪染め商品でも染めるコツさえ知っていれば綺麗に染めることができます。では失敗しないコツを見ていきましょう!

液をたっぷりと使う

白髪染めの液の量が少ないとムラができたり染まらなかったりします。失敗して再び染め直すということを繰り返すとコスト的にも髪のダメージ的にも大きな負担になるので、1回でたっぷりと使ってしっかりと染まるようにしましょう。髪にスタイリング剤などが付いていると染まりにくくなるので落としてから染めるようにしましょう。

髪質に合わせる

人はそれぞれ髪質が異なるので、液を塗った後の放置時間を調整すると良いです。同じ白髪でも太い髪の毛や細い髪の毛、硬い毛や柔らかい毛などタイプが違うため、自分の髪質がどれに当てはまるか把握しておく必要があります。

【太い髪・硬い髪】

染まりにくい髪質のため、15分ほど放置した方が綺麗に染まりやすいです。放置し過ぎると頭皮や髪に大きなダメージを与えることもあるので気を付けましょう。

【細い髪・柔らかい髪】

染まりやすい髪質なので5分ほどの放置時間で綺麗に染まります。

保温で浸透効果アップ

先に述べた2つの方法でも白髪を綺麗に染めることができますが、より染まりやすくするためには髪を温めると良いです。髪を温めるとキューティクルが開くので浸透力が上がりムラや染まらないという失敗をしにくくなります。温める方法としては、液を塗った後にサランラップを巻いたり、蒸しタオルを巻いたりして温めることができます。

白髪染めで失敗した経験がある人は、液の量や髪質を気にしながら、上手く染めるコツを実践してみましょう!実践したけど上手く染められなかったという人は白髪染めとの相性が悪い可能性が高いです。種類を変えて再度挑戦してみてください。

白髪がない若々しい自分になろう!

白髪は実年齢よりも老けて見られる原因で上位に位置します。しかし男性は自分の見た目が実年齢よりも若いと思い込んでいる人が多いようで、白髪を放置する人もたくさんいます。中には白髪をオシャレに見せる人や、似合う人がいますが、それはファッションセンスの高さや顔立ちの問題が問われるので当てはまるのは難しいでしょう。

白髪を見つけたら早めに染めて、実年齢よりも若々しい印象にした方がいいです。染めるときは自然な黒や茶色で綺麗に染めると気になりません。紙にダメージを与えないトリートメントタイプや手間のかからない洗い流さないタイプなら忙しくても1ステップで綺麗に仕上げることができますよ。