超おすすめ白髪染めランキング決定版

あなたにピッタリの白髪染めが見つかるサイト

口コミ評価第1位 髪がサラサラになる人気のプチプラ白髪染めはコチラ
超おすすめ白髪染めランキング決定版 HOME » 白髪の原因と予防

白髪の原因と予防

このカテゴリでは、白髪の原因と予防法を調査しています。

白髪の原因と予防

鏡を見るたびに「あ、また白髪…」とため息をついている人は多いのではないでしょうか?

白髪は髪の色素細胞(メラノサイト)が衰え、色消失した状態を指します。その原因には、下記のようなものがあります。

  • 加齢…メラノサイト(髪の色素細胞)、加齢により衰えます。生え代わりのタイミングで毛母細胞そのものからなくなってしまったり、髪の成長の途中で徐々に減少するなどして、白髪を生み出します。
  • 遺伝…遺伝的な要因で、加齢よりも早く白髪が増えることも。その詳しい原因は解明されていません。
  • ストレス…過剰なストレスは毛細血管の収縮を招き、毛母細胞の働きを弱めます。
  • 紫外線…色素細胞のある毛嚢(もうのう)に悪影響をもたらすと言われています。
  • 栄養失調…ダイエットや外食などで食事の栄養バランスが崩れ、ビタミンやミネラル、そしてタンパク質の摂取量が不足すると、白髪になることがあります。

上記以外にも睡眠不足やアルコール・喫煙などの生活習慣が、白髪を促進する可能性がありますので、注意が必要です。

白髪を防ぐには

白髪が進行してしまった場合、白髪染めなどで若々しい髪の状態を取り戻すことは、もちろん可能。とは言え、日常の中で実践できる白髪予防法にも注目したいものです。

  • 生活習慣の改善…規則正しい生活リズムの維持は、白髪予防に有効。また趣味を楽しむなどのストレス解消法を確立させることも大切です。
  • 食生活…栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。ビタミンAを含むかぼちゃや人参などの緑黄色野菜、ミネラルを多く含むレバー、牡蠣、そしてタンパク質を多く含むすりゴマなどを意識して摂取するのが、おすすめ。また調理は、抗酸化成分を多く含むオリーブオイルで行うとよいでしょう。

ヘアケア…乾燥と紫外線は白髪を招きます。春~夏にかけての外出はなるべく帽子をかぶる、UVカット効果のある洗髪料を利用するなどして、より良い毛髪環境の維持に努めましょう。

白髪とアンチエイジング

白髪には加齢とストレスが大きく関係しています。黒髪のもとになるのは色素幹細胞です。

色素幹細胞にあるレベル以上のゲノム損傷応答が誘発されることで、幹細胞の分化に導かれ自己複製しなくなることがわかっています。幹細胞が枯渇して、成熟した色素細胞が供給されなくなり白髪へとつながるのです。(※1)

また、頭皮の老化である白髪の予防や改善に作用する天然薬用資源として、シラカバ樹皮エキスがあります。色素細胞内におけるメラニン産生を促進する作用や、毛乳頭細胞における増殖の活性作用があり、アンチエイジングに効果的です。

そのため、白髪悩みには、シラカバ樹皮エキスが配合されているものを使うと良いでしょう。

頭皮ケアと白髪の関係

メラニンが不足すると白髪が発生します。メラニンを合成するメラノサイトは毛根の下部分にある細胞です。頭皮からの栄養によって正常な働きをしますが、血行不良などで栄養が供給されなくなると働きが弱まってしまうことに。そのため、頭皮の血行を良くすることが白髪の予防や改善に大切です。また、白髪染めの使い方にも注意が必要です。

白髪染めには多くの化学物質が含まれています。特に市販の白髪染めで過酸化水素が配合されているものは注意が必要です。過酸化水素にはとても強い脱色作用と殺菌効果があり、漂白剤や消毒液に配合されています。

危険物第6種に指定されているほど扱いに注意が必要な成分なのです。白髪染め用のヘアカラー剤を選ぶときには、配合されている成分を確認するようにしましょう。

頭皮ケアの方法「クレンジング」

白髪予防や改善のための頭皮ケアでおすすめなのがヘッドスパです。エステや美容室で受けられますが、自宅でも行うことができます。ヘッドスパの流れは、頭皮クレンジング、頭皮マッサージ、シャンプー、トリートメント、保湿ケアです。

クレンジングで毛穴につまっている汚れや不要な皮脂を取り除くことで、頭皮のデトックスをしましょう。クレンジング剤としておすすめなのが、ホホバオイルや椿オイルです。

皮脂を落とすのが目的なので、フェイシャル用のクレンジング剤も代用できます。

自宅ヘッドスパの方法
  1. 乾いたままの状態で髪をブラシでとかし汚れを取り除きます
  2. クレンジング剤を頭皮全体につけて、両手の指の腹でなじませていきます。頭頂部を中心に1分くらい揉み込みましょう。
  3. そのままシャワーで洗い流します。お湯の温度は38度くらいが目安です。
  4. いつも通りシャンプーとコンディショナーをします
  5. アウトバストリートメントで保湿します
  6. ドライヤーで髪の毛を乾かします

ロングヘアの人や毛量が多い人はクレンジング剤が髪につきやすいので、髪の毛を分けて持ち上げながら頭皮につけるのがポイントです。やりすぎは逆効果なので、週1回を目安にしましょう。

頭皮マッサージの方法

ヘッドスパでは頭皮マッサージも大切なポイントです。頭皮マッサージによって、血行が改善されて毛穴のつまりも解消されます。オイルをつけたら、パーツに分けて頭皮マッサージを行いましょう。

  1. 前髪の生え際から頭頂部に向かって、下から上へ力を入れながらマッサージします。
  2. 指の腹で頭皮をしっかり押さえて、左右から頭頂部へ力を入れてマッサージします。頭全体の中でも頭皮が固くなりやすく、血流不良になりがちなので、しっかりマッサージしましょう。
  3. 側頭部は、まず耳のつけ根から後頭部に向かって流します。次にこめかみから頭頂部に向かって、下から上へ力を入れて頭皮を持ち上げていきましょう。最後にこめかみに手を当てて頭皮を回すようにマッサージします。
  4. 後頭部は、下から上に向けて力を入れて流します。首との境目にはツボがあるので、親指で上に向かってゆっくり押すのもおすすめです。

【参考】※1 国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所幹細胞がストレスに抵抗し品質を保つ仕組みを解明